暮らしの知恵

遅れた梅雨入りかと思えば午前中から晴れてかなり蒸し暑い天気になりました。

夏が本格的になってくると、自宅にいても熱中症などにもなりやすいので注意が必要ですね。

これからリフォーム工事をご検討される時に、補助金の活用として一つ紹介したいと思います。

「次世代省エネ建材支援事業」と言う、一般社団法人環境共創イニシアチブが補助事業をしている

制度が本年度実施されます。

補助対象には一定の条件がありますが、室内から施工ができる断熱パネルや、窓、玄関ドアなど

を採用し、リフォームを行う事で断熱性能を上げてかつ省エネに貢献することです。

戸建住宅は最大で200万円/戸を上限として、補助対象費用の1/2が補助対象となります。

公募をする必要がありますので、申請→審査→決定した後から契約や工事の開始が出来るように

なります。予算にも限りがあるので、早めの検討が必要ですが、もし断熱リフォームを部分的に

検討されている方や、ある程度規模の工事を検討される際は、補助事業も視野に入れると

お得だと思います。

もちろん、快適に生活をすることが目的だと思いますので、当社であれば、しっかりと住み心地の

提案と合わせて補助申請のお手伝いもさせていただきます。次回の公募は8月上旬~9月中旬を

予定されているので、この機会にまずは何からできるか検討するチャンスです!

断熱リフォーム支援事業
断熱リフォーム向け補助事業

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご興味、ご不明なことなどございましたら、遠慮なくお問合せください。

まわたり ゆういちでした。