暮らしの知恵

家を建てたり購入する際に、地震大国の日本とっては、

家が「どれくらいの地震の揺れに耐えれるのか」

「どのような地震対策されているのか」気になります。

そこで、耐震性能のランクを示す「耐震等級」という言葉が用いられます。

家づくり・家を購入するポイントとして

「地震に強く・安心・安全」を重要ポイントにしている方がほとんどです。

建築の素人でもわかりやすく、

家の強さがわかる目安として「耐震等級」という基準があります。

|福岡市で耐震住宅なら馬渡ホーム

 

耐震等級とは?

耐震等級とは、「どこまで地震の揺れに耐えれるか」を建物の強度を示す指標の一つです。

住宅性能表示制度を定める「品確法」に沿って制定されたものです。

建物の耐震性能が1・2・3と3段階ランク分けされており、

数字が大きいほど地震に強い建物になり、家を建てたり、購入する際のポイントになります。

「耐震等級3相当」と記載されている場合もあります。

正式に耐震等級の基準を受けるには、住宅性能評価機関による検査に合格しなければなりません。

検査に要する費用がかかります。

それで、検査を受けていないが、耐震等級3の認定を受けた建物と同じ部材などを使用する事で、

耐震等級3と同じくらいの耐震性能がある建物なので「耐震等級3相当」と記載されています。

 

只今、LINEの友だち募集中!
いち早く、見学会情報・イベント情報やお得な情報を
お伝えしますので、友だち登録よろしくお願いします。

友だち追加

 

〒819-0043 福岡県福岡市西区野方5丁目39-2

電話:092-892-2025

(株)馬渡ホーム