暮らしの知恵

馬渡社長-2こんにちは。

昨日はLIXIL福岡総合ショールームで、地域の工務店さん向けに講演をしました。こういうお話事は、年に数回オファーが来ます。毎回話すテーマは、「地場ビルダーとしてあるべき姿」で話しています。今回は、パートナー業者さんの「筑紫トーヨー住器(株)」さんという住宅設備の卸や施工、販売を行っている会社さんからの依頼です。

なぜ工務店である私が、同じ業種のしかも同じ地域の方にお話しするのでしょうか。

良く聞かれることなのですが、実は中小企業にとって自社だけが良ければそれでいい!わけではありません。

暮らしや社会も同じように、自分達の周辺環境が整っていなければ、思うようなりませんよね。

 

今の住宅業界は、まさに岐路に立たされています。

今までやれてこれた事が通用しないのです。

 

結論を述べると、良い工務店・良い家の定義を理解するために、自社のレベルを知ることが大切です。

私は18年前から性能にこだわった住宅を建ててきました。世界の先進国の住宅を学び、九州の地に合った家づくりをしています。

今後の日本住宅では、仕様基準から性能基準の家がきちんと評価される、評価できる業界にしたいです。

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL