暮らしの知恵
台風の影響か、福岡市西区では雨が激しくなっています。
昨日、工事中の現場などを回って対策を施しました。
九州は雨が多い地域ですので、雨水の排水には特に気を付けます。
それと強風が吹いたときを想定して、どの方角から風が向かって
くるのか考えるのはとても重要です。
余談ですが、台風の進路が日本海側に行くのと、太平洋側に行く
のでは風向きが変わります。
日本海側に行くと南風が吹き、家の被害が出やすくなります。
なぜなら、ほとんどの家が南側に解放感を持たせていて
南風の影響を受けやすいからです。自社の経験としては
こういった天気の時にはお客様から修理や現調の問い合わせが
増える傾向がありますので、急な対応もできるように心がけています。
今回の台風3号は太平洋側へ進んでいるようです。
これからの台風はこういった事を気を付けながら工事を進めたいと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.