暮らしの知恵

寒い季節に室内の暖房が効きづらいと感じるとき、皆様はどのように考ますか?

例えば、エアコンを使って暖房しているとした場合、機械の故障で効きにくいといった

症状を省いて、室内ではどのような状態が起きているのでしょうか。

まず前提として、暖かい空気は軽いので上に上がる。冷たい空気は重たいので下に下がると考えます。

ある一室の冷えた部屋で、暖房(エアコン)を運転する事を想定します。

機器から暖かい空気が風とともに出てきました。暖かい空気は風の勢いに

乗って、ゆっくりと床に降りていきます。この時、部屋はもともと冷えていたので、

冷たい空気と混ざり合いながら、部屋の中を動いていきます。温まるまではまだまだかかります。

エアコンを運転して部屋が温まるまでには、一定の時間がかかります。

それでは、どうしてエアコンが効かないと人は感じてしまうのでしょうか。

結論は、床と天井で温度差が出来ているということです。暖かい空気が天井に溜まっている状態です。

サーモカメラで様子をみると温度差がはっきりと見てわかります。

無題

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エアコンの暖かい空気(暖色)が冷たい空気(冷色)にふさがれているような様子に見えます。

これだと人は足元が寒いと感じてしまうでしょう。いくら暖房をしても熱を失うばかりです。

この現象は建物の断熱性と気密性が大きく影響し、それにはバランスが大切です。

今回は部屋の温度差についてでしたが、できるだけ部屋の温度差を少なくすることが、老若男女の健康に影響するので、

よく検討いただきたい内容です。

無題1

 

 

 

以上、馬渡 勇一でした。

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.