暮らしの知恵

福岡市西区野方に事務所がある当社では、毎月、「すみか新聞」という

地域の方々へニュースペーパーを発行しています。毎月2,000枚の数を

ポスティングし続けて、通算85号を超えました。

発行から7年3ヶ月が経過した現在、同紙の存在は、地域の方々と

より良い関係を築く一助となっています。

紙面には、身近な住まいに関するアドバイスや、家庭で出来る料理レシピの紹介、

また、当社施工現場の紹介や不動産情報などを掲載しています。

発行当初は、建築に関する内容が中心でした。しかし、ある時、

福岡市西区羽戸にある当社の作業場で開催をする「木工教室」の参加募集を

記事にすると、多くの反響がありました。難しい専門知識より、日常的な

DIY(日曜大工)が体験できるほうが身近に感じられたのでしょう。

 

住宅の新築やリフォームを手掛ける当社は、たとえ近隣に地域の方々が

大勢住まわれていても、すべてに交流があるわけではありません。

それでも、継続して「すみか新聞」というニュースペーパーを届けることで、

地域の方々に馬渡ホームを知っていただき、長いお付き合いができるようになったと

感じています。

住宅はお客様にとって大きな買い物です。いくつになってもラクな暮らしができるよう、

お客様の笑顔を思い浮かべ、手紙を書くようにニュースペーパーを発行しています。

 

「すみか新聞」発行当初からの記事は、すべてホームページから閲覧できます。

バックナンバーはこちら!←クリックしてください。

すみか新聞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上。馬渡 勇一(まわたり ゆういち)でした。

No.95

 

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.