暮らしの知恵

福岡市西区野方にある工務店、馬渡ホームの福田です。

春になり福岡も、日中は暑く感じることが多くなってきました。

今回は、新築や引越しで買い替える家電製品は、おそらく冷蔵庫が一番多いかと思い、

私なりに、過去の冷蔵庫と現在の冷蔵庫の年間消費電力の違いを書こうかと思います。

冷蔵庫は、壊れて買い換える方が多いと思いますが、今から暑くなる前に買い替えてもいいと思います。

やはり、10年以上使っている方が多く、10年以上たつと省エネ性能が違います。

冷蔵庫は毎日、電源を常に入れた状態ですので、古い冷蔵庫と新しい省エネの冷蔵庫に

買い替えた場合、大きな電気代の節約効果に繋がると思います。

一般家庭、家族4人ですと500Lのクラスが多いと思いますので500Lクラスを基準にして話します。

400Lと500Lだと基本どのメーカーさんも400Lの方が年間消費電力が高いか、同じだからです。

500Lクラスから、やはり機能もよく、少しお値段が上がります。   1428110460132[1]

お値段は、店員さんと交渉してください。(笑)

2005年モデル500Lの冷蔵庫の年間消費電力が約680kwhです。

現行モデル500Lの冷蔵庫の年間消費電力が約280kwhです。

2005年モデルの場合、1kwhを26円で考えたとき

680kwh × 26円 = 17,680円

現行モデルの場合、1kwhを26円で考えたとき

280kwh × 26円 = 7,280円 です。

比べると、年間で10,400円の電気代の節約になります。

さらに、省エネ基準が年代によって変わり、省エネ基準が高くなっています。

実際は、もっと電気代の節約になっていると思います。

10年以上たっている冷蔵庫使っている方、

省エネの冷蔵庫に買い替えてみては、どうでしょうか?

 

〒819-0043 福岡県福岡市西区野方5丁目39-2

電話:092-892-2025

(株)馬渡ホーム  福田

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.