暮らしの知恵

皆さん、こんにちはー!

今週末はお天気が崩れて、本日の福岡市西区はどんよりでしとしとした雨が降っております。

先週から洗車のタイミングがつかめない鴨川ですが…

さて本日は糸島市高田のOB様の一年点検に立ち会ってきました(^^)

(馬渡ホームではお引渡し後、三ヶ月・半年・一年ごとの無料点検を行っています!)

点検と言っても、クロスや木の伸縮による隙間などを埋めたり

1年住んでみて、もっとこうしたいといった補修などがほとんどですが

今回は洗面台(人工大理石)についた水垢を落としたいといったご要望があった為

お手入れの仕方をブログでもご紹介させて頂きます。

 

今回の洗面台についた水垢ですが、クエン酸の洗剤とやわらかいスポンジを使って短時間で落としました。

ただ!ここで注意してもらいたいのが、人工大理石の洗面台なので強力なアルカリ性や酸性の洗剤に弱いというところです。

中性洗剤だったら大丈夫なのですが、人工大理石にそれ以外の洗剤を使うと表面が溶けてきれいな艶がなくなってしまう可能性があります。

クリームクレンザーも良いですが、研磨剤が荒かったり強く擦りすぎるとキズが付くかもしれないので注意して使ってください。

どちらにせよ、目立たない場所で一度試して使用することをおすすめします!

汚れが付かないように毎日こつこつお掃除をするのが一番良いのでしょうが、人工大理石のお手入れは難しいですね(:_;)

 

基本的な日常のお掃除は中性洗剤で十分OKなのですが

より効果的に汚れを落としたいときは、まずその汚れの種類と使う場所を確認して

・油汚れ、皮脂汚れ…アルカリ性の洗剤

・トイレなどの黄ばみ、石鹸カス、水垢…酸性の洗剤

こういった洗剤の使い分けをされてみて下さい!

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.