スーパーウォール工法

SW工法なら、上下の温度差が少ない快適な空間が作れます。また、高い断熱性能によって外気の影響を受けにくく、四季を問わず1年中快適な室内温度を保つ事ができます。

SW工法で実現する、快適な高気密・高断熱

SW工法住宅の優れた保温性は、下の比較画像からも明らか。高気密・高断熱で外気に影響されにくく、頭から足元まで均一な温度の快適空間を保てます。

SW工法住宅
SW工法住宅
一般住宅
一般住宅

☆壁面温度熱画像による部屋の上下温度差の比較:実在住宅測定例
(赤系ほど温度が高く、青系ほど低いことを示しています。)

SW工法住宅
SW工法住宅の優れた保温性は、下の比較画像からも明らか。高気密・高断熱で外気に影響されにくく、頭から足元まで均一な温度の快適空間を保てます。

一般住宅
天井と床部分の温度差が大きく、すきま風のため足元に冷気がたまっています。
(冬期暖房時)

部屋間の温度差が小さい ~温度差によるヒートショックが死亡率を上げている~

冬場のトイレや浴室、脱衣所などで感じる不快感。その急激な温度変化は、体に大きなストレスとなり体調不良の原因になります。とくに高齢者には血圧上昇によって心臓に大きな負担がかかり、生命の危険を伴う重大問題となります。

高齢者の家庭内死亡事故の多くが入浴中、浴槽内での溺死であり、寒い時期に集中しています。その多くが温度差によるヒートショックで、心筋梗塞や脳出血・脳梗塞などを引き起こしたことが原因と考えられます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL